日本製の布団カバーならふとんカバー工房で。

創業120年、ワタシングループのオンラインショップ。カバー類を中心にお取扱いしております。

電話受付時間10:00〜15:00 土日祝休み 050-3508-6151

  • お問い合わせ
  • カートを見る

すぐに見つかる商品検索はこちらから

万が一の時も安心の返品保証付き

お子さんの成長を助けるのは、毎日の食べ物や暮らし方だけではありません。
子どもは一日の大半を寝てすごし、その間に成長をしていきます。
快適に眠る事ができれば、子どもの脳や身体、精神的な成長に大きく影響を与えます。
だからこそ、子どもが寝る寝具は、出来る限り気持ちの良いものにしてあげてください。

赤ちゃんは寝るのがお仕事です。3歳児までは、1日の12〜14時間が必要な睡眠時間と言われています。寝ている間にすくすくと成長をしていくため、できるかぎり快適な環境に整えてあげたいもの。そのためには、横向きになった時、背骨のラインがまっすぐになることが重要です。血流、リンパなどが通りやすいような寝る姿勢をつくるようにします。

生まれたての赤ちゃんの脊椎はまっすぐで、立って歩くようになってから変形が始まります。そして、10歳ぐらいになってくると、ゆるやかなS字カーブを描く、成人の脊柱ができあがると言われています。
ベビー寝具を卒業する、2〜3歳児ぐらいまでは、やわらかすぎる敷ふとんに寝ると、お尻のところだけが沈んでしまい、腰椎に無理な負担がかかってしまうので、注意が必要です。

小さな子どもは布団カバーを舐めてしまう可能性があります。そのため、出来る限り安心な国産のふとんカバーをオススメします。海外製品は、身体に刺激がある加工剤や染料を使用している場合があるので、注意してください。

また、赤ちゃんは汗っかきです。 綿100%などの吸湿性の良い天然繊維のふとんカバーは、汗を素早く吸収し、しっかり発散できるものをお選びください。

Copyright (C)2014 布団カバー専門店 All rights reserved.